お返し

みなさま、こんにちは!

ものすごく、ものすごく前の話題になってしまい恐縮ですが・・・(^-^;

2月のバレンタインデー♡ 3月のホワイトデー♡

我が浅草事業所でも、ありましたよ~!

これこれ!!これを男性陣からいただきました。

いつもお世話になっております(^_-)-☆

女性陣からのバレンタインデーの「お返し」です。

お返しといえば、子どもの頃、祖母が「つけぎに○○を持ってって!」とよく言っていました。「つけぎ」って単語を改めて調べることもなく今まで過ごしてきました。

それで、やっと調べました!

時代を感じる内容ですが、ちょっと粋に感じました!

日本語って面白いなあと実感する瞬間です。

つけぎ 《付け木》

火を他の物に移すときに用いる木片。初めは、竹くずや木くずが使われたが、近世にはヒノキ、マツ、スギなどの柾目(まさめ)の薄片の一端または両端に硫黄(いおう)を塗ったものとなり、江戸、大坂などで盛んに製造され、付木屋、付木売りによって売られた。付木はイオウギともよばれ、「祝う」に通じるところから、魔除(まよ)け、贈り物の返礼、引っ越しの挨拶(あいさつ)などに贈る風習があった。大正時代になると、マッチの普及により使用されなくなった。【日本大百科全書(ニッポニカ)より】

 

TOMOで一緒に働きませんか?

在宅に興味がある看護師/理学療法士/作業療法士/言語聴覚士の方を募集しています!お気軽にご連絡下さい!