個人情報の保護について

当事業所は利用者様の個人に関する情報(以下個人情報)の価値を尊重し、常に適切な管理をすることにより個人情報を保護することを、社会的に重要な債務であると考えています。
当事業所はこれを確実に実践していくために、「個人情報保護に関する法令」「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」を遵守し、社員一体となって以下の通り個人情報の適切な取り扱いに努めます。以下に詳細を記載します。

1 個人情報とは個人情報とは生存に関する情報であって当該情報に含まれる記述(氏名・生年月日など)により特定の個人を識別できるものをいいます。介護関係事業所における個人情報の例としては、ケアプラン、介護サービス提供に関する計画、提供したサービス等の記録、事故状況等の記録等があります。

2 利用目的の特定当事業所では、下記の目的に沿った範囲内において、業務上必要な範囲に限り個人情報を利用し、下記の目的以外には利用致しません。 
?介護サービス利用者への介護の提供に必要な利用目的・当該事業者が介護サービスの利用者等に提供しうるサービス・介護保険事務等・当該利用者に居宅サービスを提供する他の居宅サービス事業者や 居宅介護支援事業者等との連携、照会への回答等・医療機関との連携・介護保険事務のうち、保険事務の委託、審査支払い機関へのレセプトの提出等  ・傷害賠償保険などに係る保険会社等への相談又は届出等 
??以外での利用目的・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料・介護保険施設等に於いて行われる学生の実習への協力

3 利用目的の通知個人情報を取得するにあたっては、あらかじめその利用目的を公表しておくか、個人情報を取得した場合には速やかにその利用目的を本人に通知し、又は公表致します。(サービス契約書内第10条秘密保持にて記載あり、契約時にも説明を行う)

4 個人情報に係る安全措置の概要当事業所においては個人情報保護においての教育を行っており、また雇用契約や就業規則において、就業中はもとより離職後も含めた守秘義務を課しています。当事業所のすべての部屋においては、室内に職員がいない場合は必ず鍵をかけ、セキュリティシステム(防犯警備)を作動させるなど、盗難の予防策を講じております。コンピュータ保存した個人データにおいては、職員以外の者が情報取得を行えないようにパスワードの設定を施行する。不要となった個人データの廃棄・消去にあたっては、シュレッダーにて粉砕を行うなど復元不可能な形で廃棄致します。

5 個人データの第三者提供第三者に個人データを提供する場合はあらかじめ当該利用者様に承諾を得た上で行います。法の定めによって、本人の同意を得ずに情報提供が求められる場合があります。法の定めがあるものについても、情報提供の可否については、当事業所の管理部会議で討議し、法律の定めに従って対応致します。 
?法令に基づく場合・居宅介護支援事業所との連携・利用者が不正な行為などによって保険給付を受けている場合等の市町村への通知・離床者の病状に急変が生じた場合の主治医への連絡等・市町村による文書提出等の要求への対応・厚生労働大臣又は県知事による報告命令、帳簿書類等の提示命令等への対応・県知事による立ち入り検査等への対応・市町村が行う利用者からの苦情に関する調査への協力等・事故発生時の市町村への連絡 
?人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき 
?公衆衛生の向上又は児童の健全な育成のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき 
?国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるとき

6 個人情報の開示、訂正、削除個人情報の開示、訂正、削除、利用停止等をご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、妥当な範囲内で速やかに対応します。

7 苦情・窓口相談苦情・窓口相談では個人情報保護法に関する質問や意見も伺います。お申し出に基づき個人情報の取り扱い及び変更を致します。

在宅リハビリ訪問看護ステーションTOMO
平成19年9月1日作成

TOMOで一緒に働きませんか?

在宅に興味がある看護師/理学療法士/作業療法士/言語聴覚士の方を募集しています!お気軽にご連絡下さい!