(祝) 1周年

TOMO浅草の1年を迎えて
昨年6月1日、三社祭りの興奮も冷めあらぬ中にTOMOは、この浅草3丁目に産声を上げました。そのTOMOも皆様の温かな人情や心意気に支えられ、無事に1年目を迎える事が出来ました。ありがとうございます。
今を思い浮かべれば、右も左も全く判らない地場でのオープニング準備でした。言葉も気を抜けば九州弁が出てしまい苦笑い!
オープンしても我々の目的やTOMOの特色を知って頂くため、居宅支援事業所や病院の地域連携室へのご挨拶の日々でした。様々な思いや経験を重ねさせて頂き、この地域での我々の業の方向性が明確に成ってまいりました。そして、浅草スタッフや本体からの職友が上京し浅草にTOMOとしての息吹を注ぎ活動は開始しました。
やはり、全ての始まりは1名のケース紹介からでした。ケースに少しずつですが、心を伝え、技を駆使して、在宅で生活しやすい環境へ導く為の仕事を開始する事が出来ました。責任と感謝の時でした。
あれから、はや1年、まだ1年を迎えています。
いま、TOMOは訪問看護師4名作業療法士3名理学療法士2名で日々の業務に当たっています。彼ら彼女たちは、プロの在宅訪問従事者です。
在宅での生活を、医療(看護)と生活自立(リハビリ)の立場から、ケース一人一人に適した支援や教育を行い、より良い在宅生活のお手伝いを考えています。
最後に成りますが、我々の業は数々の事業所やステーション、そして医療機関との連携が在ってこそ、その真価が表れるものだと考えています。
「皆様が安心して在宅生活を過ごせる」を第一に、大きな在宅ネットワークの中でもTOMOとしての役割を今後も微力ながら精進努力をさせて頂きたいと考えています。
株式会社 スポーツヘルス企画
在宅リハビリ訪問看護ステーションTOMO浅草
                                  代表取締役  高妻雅裕

コメントは利用できません。

求人情報はこちら

求人情報/エントリー