晩白柚(ばんぺいゆ)

最近、このような柑橘を頂戴しました。
そう ばんぺいゆ です。
IMGP1609.jpg
先日のブログにも登場した晩白柚(ばんぺいゆ)のことを
ちょっとだけ書いてみたいと思います
ミカン科 ミカン属
和名:晩白柚(ばんぺいゆ)
学名:Citrus grandis / Citrus maxima
学名を見ただけでも、相当大きいのだということがわかりますよね!
歴史は1920年にさかのぼり植物学者の島田弥市が、現在のベトナムの船上で食べた柑橘があまりにもおいしくて、サイゴンの植物園から株を分けて伝わったそうです。当時は栽培法方がわからず普及には至らなかったようです。
1930年に台湾から鹿児島県果樹試験場に白柚(ぺいゆ)の株が導入され、最適産地の熊本県八代市地区に根付き、改良され、現在は八代市の特産品となっているそうです。
一般的には果肉を直接食用にします。その他、果肉をジャムやゼリー、飴に加工してお土産品になっています。
厚い皮の部分は、砂糖で煮てザボン漬けにすることができるそうです。(引用:Wikipedia)
食べ方を調べて、こんな感じに切り、おいしくいただきました。甘すぎず、酸っぱすぎず、ほどよい加減の甘さで「大人な味」と感じました。


IMGP1611.jpg

コメントは利用できません。

求人情報はこちら

求人情報/エントリー