ずっと家で暮らす~住宅改修~

みなさま、こんにちは! 

10月(神無月)に入りましたね! 

そろそろ衣類も冬の支度をしたいところですが、なにせこの暑さ?!で、

そんな気も起きませんね(笑) 

四季の移ろいが感じられず、少し寂しい気もしますが・・・。

さて今回は、私たちが日々訪問しているご利用者様が、自宅での生活を続けるにあたり工夫されている点に注目し、S様宅の住宅改修の様子を拝見したいと思います。S様は週に2回程度電動カートを利用して外出し、お好きな場所へ出かけられています。その際に大活躍するのが階段部分に設置した「昇降機」です。座ったままでゆっくりと、安全に移動できます。

  

昇降機を降りて、電動カートまでの移動には細くて、狭い空間を移動しなくてはなりませんでしたが、少し広めの台を設置することで、足をつく空間が広がり、緊張しながらも安全に移動できるようになりました。

  

階下のスペースにある電動カートまでは、手すりを利用して移動できています。

右側の黒い部分の手すりが追加されたことで、電動カートぎりぎりまで近づくことができるようになりました。

 

日中はテーブルについて過ごされています。

その場での立ち上がりや、座位姿勢の修正などの時に、テーブルに直接設置した手すりが重宝しています。初めて拝見した時は「なるほど!必要は発明の母!!」と、とても感動しました。テーブルそのものの重さが十分あるので、引っ張っても押してもビクともしないものであったことも良かった点だと思いました。

長い手すりは、横への移動に便利に使えます。

    

この他にも、S様が動く線上には、いくつもの手すりが設置されています。このような手すりの設置やその設置場所などにより、安全に、より動きやすく、できる限りご自分の力で動くことができるようになります。

私たちスタッフも、ご利用者様に合わせた住宅改修やその家の工夫を知ることにより勉強させていただいております。これらのアイデアや工夫が、また他のご利用者様への提案などにも役立てられるよう、日々勉強していきたいと思います。

写真撮影およびこの投稿には、S様と奥様に許可をいただいております。この場をお借りしてお礼申し上げます。ご協力いただきありがとうございました。

 

 

コメントは利用できません。

求人情報はこちら

求人情報/エントリー