勉強会~誤嚥と誤嚥性肺炎~

みなさま、こんにちは~~

先日、OTのKさんの担当で勉強会がありました。

「誤嚥(ゴエン)」とか「誤嚥性肺炎(ゴエンセイハイエン)」という言葉は、どこかで一度は耳にしたことがありますか?

私たちの日常で、食事中にゴホゴホとむせることってありますよね。

これは、食物や唾液などが、食道入り口付近に近づき食道の扉の開閉タイミングがうまくいかず、誤って気管に入ることで起こる現象で、これが「誤嚥」です。私たちはゲホゲホと激しく咳き込むことで、誤嚥物を咳の勢いで排出できています。

この誤嚥が原因となって肺に生じる炎症を「誤嚥性肺炎」といいます。

誤嚥をしたからといって、必ずしも誤嚥性肺炎になるわけではありません。

しっかり咳払いし、免疫機能が良ければ誤嚥したものを体外に排出でき、肺炎を防ぐことができます。

予防としては、注目するのは「口」の事だけでなく、食事姿勢や食事の温度・味付け、義歯など、様々なことに注意を向けていくことが大切になります。

口の中を清潔に保つこともとても重要ですね!

また毎食後お薬を飲んでいる方も多いと思います。

お薬も嚥下機能に影響してくることがありますので、先生とお薬の相談をしていくことも大切です。

 

日々、楽しく、おいしく食事を摂ること!!は、生活の質を高める重要な要素の一つですよね。

誤嚥を予防して、元気に新しい年を迎えましょう(^^)/

コメントは利用できません。

求人情報はこちら

求人情報/エントリー